検査・検診一覧

診療時間
9:00~13:00 ●/ ●/ ●/ ●/
14:00~18:00 ●/ ●/ ●/

休診日:日曜・祝日、土曜午後
※受付時間は9:00~12:30、14:00~17:30となります。
※●は一般外来、は甲状腺外来となります。

超音波検査

超音波検査 超音波検査とは、超音波を対象物に当てて、その反射を映像化することで対象物の内部の状態を調査する画像検査法のひとつです。診断には全て超音波の反射を使用するので、超音波エコー法あるいはエコー法とも呼ばれています。
 超音波とは、音の一種であり、通常耳で聞こえる音(可聴音)より高い周波数の音のことを指します。音の高さは周波数で表され、可聴音の周波数は20ヘルツ(Hz)~20キロヘルツ(kHz)程度ですが、超音波に用いる超音波の周波数はそれよりもずっと高い1~30メガヘルツ(MHz)程度といわれています。診断に用いる超音波の強さでは生体への悪影響や害はないとされています。放射線を使用するX線レントゲン装置、X線CT装置、核医学診断装置と比較して放射線を使用しないため、どなたでも安心してお受けいただけます。

骨粗しょう症検査

骨粗しょう症検査 骨粗しょう症とは、骨量の減少や骨質の劣化により、骨折や骨の変形を引き起こす病気です。加齢や閉経、生活習慣などが原因で起こり、高齢化に伴って現在の患者数は1,000万人以上といわれています。
 特に女性は50歳前後から急激に骨量が減少するため、骨粗しょう症のリスクが高くなります。初期の段階では自覚症状がほとんどないため、痛みや骨折などが起きるまで悪化してしまうことが多い病気でもあります。骨粗しょう症は、昨今では寝たきりの原因の上位にもなっていますので、骨量(骨密度)の定期的なチェックをオススメします。

雇入時・定期検診

雇用時検診 安全衛生規則により、事業所が従業員を雇用する際(1年以上の勤務を予定しており、正職員または週の労働時間が正職員の4分の3以上のパートの方)に一般の健康診断を実施することが決まっています。事業主様の希望によっては、別途料金を申し受けた上で他のオプションなどを追加できます。

 問診、視診、聴診などの診察、身長、体重、BMI、腹囲、視力、聴力、血圧などの測定、尿糖や尿たんぱくなどの尿検査、中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール、GOT、GPT、γ-GTP、赤血球数、血色素、空腹時血糖を調べる血液検査、心電図検査、胸部レントゲン検査などを行ないます。
 健診は予約制です。入社先企業独自の検査項目や報告書がある場合は、必ず予約時にお申し出ください。

電離放射線検診

電離放射線検診 電離放射線健康診断(電離放射線障害防止規則)放射線業務に従事する方が、入職時や配置換えの際、またその後6カ月毎に受ける健康診断です。

内視鏡検査

 経鼻内視鏡検査とは、ビデオカメラが付いている細い管(スコープ)を鼻から挿し込み、食道、胃、十二指腸の上部などをカメラで撮影する検査です。舌の根本には、強い吐き気を催す反射を起こす場所がありますが、鼻を通す経鼻内視鏡検査ではスコープがその場所を通らないため、ほとんど吐き気はありません。

  • スタッフブログ
  • 鼻から.JP〜胃がんの予防と早期発見〜
  • 巻き爪矯正WEB