超音波検査

診療時間
9:00~13:00 ●/ ●/ ●/ ●/
14:00~18:00 ●/ ●/ ●/

休診日:日曜・祝日、土曜午後
※受付時間は9:00~12:30、14:00~17:30となります。
※●は一般外来、は甲状腺外来となります。

超音波検査とは

超音波検査とは

 超音波(エコー)を用いて、甲状腺の大きさ・腫瘍の有無・リンパ節の腫れを調べる検査です。

 甲状腺は、喉の表面近くにある、体の新陳代謝を高める甲状腺ホルモンを生み出します。甲状腺の疾患によりホルモンのバランスが崩れると、疲労感や気力の低下・動機・息切れ・カロリー摂取量と比例しない体重の増減などに加え、体感温度の上昇、過剰な発汗、月経過多・過少など、様々な症状をきたします。
 甲状腺超音波検査では、体に害のない超音波を用い、甲状腺の大きさや腫瘤(腫れ物やこぶ)の有無・周辺のリンパ節の腫れを調べます。痛みを伴わず、何度でも検査することができます。

超音波検査の特徴

 診断には全て超音波の反射を使用し、放射線を使用するX線レントゲン装置、X線CT装置、核医学診断装置と比較して放射線を使用しないため、どなたでも安心してお受けていただける検査 となっています。

超音波検査の注意事項

飲食の制限について

腹部(おなか)の検査を予定している患者さま

飲食の制限について →検査予約時間が午前の場合は朝食を、午後の場合は昼食をお控え下さい。
 (お茶・お水は少量であればお飲みいただけます)

 その他部位の検査の方は飲食の制限はございません。

排尿の制限について

腹部(おなか)の検査を予定している患者さま

 →検査2時間前より排尿をお控え下さい。

 その他部位の検査の方は排尿の制限はございません。

  • スタッフブログ
  • 鼻から.JP〜胃がんの予防と早期発見〜
  • 巻き爪矯正WEB